« 気になる本(H19.10.16) | トップページ | 正気かお前ら… »

2007年10月18日 (木)

安倍政権の美しい浪費

美しい国づくり:企画会議に4900万円…2回で解散(毎日新聞)
黙然日記:[watch][politic]美しい国、浪費する。

 最後にこんなすごいネタを残してくれるとは、やるな、安倍晋三!…なわけないだろ!

―――――

 安倍晋三前首相の肝いりで設置された政府の「『美しい国づくり』企画会議」に約4900万円の国費が投じられたことが、政府が16日に閣議決定した答弁書で明らかになった。同会議は日本画家の平山郁夫氏ら有識者12人を集めて4月に発足したが、2回会合を開いただけで、目立った成果もなく9月に解散した。

 喜納昌吉参院議員(民主)の質問主意書に答えた。それによると、同会議を運営するために内閣官房が支出した経費の内訳は、職員9人の人件費約1600万円▽事務所費約3100万円▽通信・交通費約200万円。一方で同会議の実績は、日本特有の生活様式や気質を問うアンケートだけだった。

―――――

 で、その《有識者12人》というのが以下(見やすいようにスペースは適宜消した)。

―――――

座長 平山郁夫 日本画家
座長代理 山内昌之  東京大学大学院総合文化研究科 教授

 石井幹子 照明デザイナー
 井上八千代 京舞井上流五世家元
 岡田裕介 東映株式会社 代表取締役社長
 荻野アンナ 作家・慶應義塾大学文学部教授
 川勝平太 静岡文化芸術大学 学長
 庄山悦彦 株式会社日立製作所 取締役会長
 田中直毅 国際公共政策研究センター 理事長
 中西輝政 京都大学大学院人間・環境学研究科 教授
 弘兼憲史 漫画家
 松永真理 株式会社バンダイ 取締役

―――――

 すごいなー(棒読み)。これだけの「有識者」が集まって何をしたかというのが、議事要旨(PDF)に上がっているわけだけれども、いや、なんとも、ただ単に政府に寄せられた葉書などに対して感想を言っているだけではないか(苦笑)。これで「美しい国」づくり、か。

 なんというか、教育再生会議と同じ臭いを感じるな。要するに、肩書きだけすごい人たちばかり集めておいて、それぞれの勝手でしゃべらせておいて、結局「誰も反論できない正論」か、あるいはそれこそ青少年バッシングのような大衆の溜飲を下げるだけにしかならない「提言」しか出さない、というのは、教育再生会議にも通底する特徴だ。とりあえず、この委員がたった2回の会議でどれだけ給料をもらったか公開していただきたい(半分冗談、半分本気)。

 参考:たこの感想文:(書評)美しい国へ

|

« 気になる本(H19.10.16) | トップページ | 正気かお前ら… »

312.1 国内政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108861/16791658

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権の美しい浪費:

« 気になる本(H19.10.16) | トップページ | 正気かお前ら… »