« 統計学の常識、やってTRY! | トップページ | トラックバック雑記文・04年12月02日 »

2004年11月25日 (木)

トラックバック:週刊!木村剛

 木村剛氏の「週刊!木村剛」の記事「頑張れ!マスコミの良識派たち」について一言。
 マスコミの良識派に期待するところは大きいですね。私もこのブログで散々マスコミ(とくに若者論)を批判しているのですが、新聞を開いていると「これぞ良識派!」と喝采を浴びせたい人もいます。
 2001年の成人式報道の中では、私は毎日新聞の久田宏記者を推します。久田記者は01年2月6日、すなわち「成人式」ブームがいまだくすぶっている状態で、毎日新聞紙上で「大人気なかった大人側」なる秀逸なコラムを書いています(「記者の目」)。毎日は、2001年1月9日の社説や、2002年1月20日の「発信箱」欄はもはやトンデモですけど、「記者の目」は結構がんばっています。
 若者報道はトンデモが横行しやすい分野なのですが、それらのトンデモは概して「大人たち」や「優等生たち」に共通前提として共有されている「今時の若者」のイメージにただ乗りし、それを満足させるだけのものです。既存のイメージを破壊して、新たな若年の肖像を描いてくれるマスコミ人の誕生を願わずに入られません。
 …って、木村氏の記事の内容とは関係ないものになってしまいましたね。でも、問題意識は木村氏と同じだから、これでよしとしましょう(なんでやねん)。

この記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。→人気blogランキング

|

« 統計学の常識、やってTRY! | トップページ | トラックバック雑記文・04年12月02日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108861/4198686

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバック:週刊!木村剛:

» 収支とコストと資本を教えられる先生はいるのか? [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。12月2日のゴーログ「中学・高校で税金のことを [続きを読む]

受信: 2004年12月 8日 (水) 09時50分

« 統計学の常識、やってTRY! | トップページ | トラックバック雑記文・04年12月02日 »