« 2006年7~9月の1冊 | トップページ | 2006年・今年の1冊/10~12月の1冊 »

2006年10月16日 (月)

NPO「コトバノアトリエ」からのお知らせ

 (これは宣伝専用のエントリーですので、トラックバック・コメントは受け付けないこととします)

 同会からの宣伝の依頼があったので公表します。

―――――

▼生きづらさを抱える若者のためのインターネットラジオ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ~「オールニートニッポン」2006年10月27日放送開始!~
       http://www.kotolier.org/ann/

   ☆日時 06年10月27日より毎週金曜日、19時から21時
      (毎月第4金曜日渋谷T'sサロンにて公開生放送)
    ☆パーソナリティ 雨宮処凛、巨椋修、小穴哲至、ほか
   ☆主催 NPOコトバノアトリエ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ 番組概要

 ○ はじめに

 生きづらさをテーマに作家活動を続ける雨宮処凛氏、不登校・ひきこも
 りをテーマに映画制作を行ってきた巨椋修氏らをパーソナリティに「オ
 ールニートニッポン」の放送を始めます。

 1回目の放送は雨宮処凛氏をパーソナリティに、ゲストには「こわれ者の
 祭典」代表の月乃光司氏、アンディ・ウォーホルから奨学金をもらい世
 界中を放浪し続けたアーティストAKIRA(杉山明)氏をお招きし、「生き
 づらさ」をテーマに本音で語り合います。

 その後も作家の田口ランディ氏や、顔にアザを持つジャーナリストの石
 井政之氏、『Jポップの心象風景』などの著書のある元朝日新聞、AERAの
 鳥賀陽弘道氏などがゲスト出演します。

 番組内では、ゲストとパーソナリティのトーク以外に、同世代のひきこ
 もっている若者、働けない若者、生きづらい若者、頑張っている若者の
 現状やストーリーを取り上げていきます。

 ○ 放送日時

 2006年10月27日からの毎週金曜日19:00-21:00。
 (毎週第4金曜日は渋谷宮益坂T'sサロンより公開生放送!)

 ○ 聴き方

 インターネットによる生放送、及びPodCastingにより配信。
 詳しくはこちらへお進みください。
 → http://www.kotolier.org/ann/

 ◆ パーソナリティ紹介

 ○ 巨椋修[毎月第1金曜日]

 小説家・漫画家・映画監督。1982年「デラックスマーガレット」(集英
 社)で漫画家デビュー。1996年、小説「実戦! ケンカ空手家烈伝」
 (福昌堂刊)にて小説デビュー。同年、総合格闘技・陽明門護身拳法道
 場を発足。2003年、映画「不登校の真実」監督。2004年、富山大学非常
 勤講師。著作には、『不登校の真実』(きんのくわがた社)『新版 丹
 下左膳』(コアラブッスク、リイド社)『お父さん、お母さん、肩の力
 を抜きませんか』(コアラブックス刊)等多数。日本映画監督新人協会
 役員。

 ・不登校・ひきこもり・ニートを考えるブログ
  http://plaza.rakuten.co.jp/ogura/

 ○ 小穴哲至[毎月第2金曜日]

 茨城県の某村で育つ。小さい頃から都会の生活に憧れる。2001年モヒカ
 ンに目覚めるベッ○ムよりも早かったので話題になる。2005年日本大学
 入学。大学を不登校する。以後ニート生活に突入。2006年に神保町小説
 アカデミーの生徒になることで生活が一変。巨椋修氏より「働き者なニ
 ート」の称号を授与される。ラジオに絡みたいと校長に打診したところ、
 いきなりディレクターに抜擢される。彼女募集中。

 ・オールニートニッポンでぃれくたーずぶろぐ
  http://anndirect.seesaa.net/

 ○ 永冨奈津恵(ながとみ・なつえ)[毎月第3金曜日]

 1970年福岡県生まれ。1996年、 『お~い ひきこもり そろそろ外へ
 出てみようぜ』 (ポット出版)の制作を経て、 「ひきこもり」 に関
 心を持つ。以来 『ひきこもり[知る語る考える]』『激論! 「ひき
 こもり」 』 (いずれもポット出版)などの制作・構成を手がける。
 現在は、全国の 「ひきこもり」 支援の取り組みを取材している。

 ○ 雨宮処凛[毎月第4金曜日]

 北海道滝川市生まれ。10代から20代にかけて、いじめがきっかけでリス
 トカットや家出を繰り返す。上京しフリーター生活をしていた時に友人
 に誘われ、新右翼団体に入り、パンクバンド「維新赤誠塾」で活動。だ
 が「借り物の言葉で自分の空虚化さを埋めることに耐えられなくなった」
 と、3年ほどで活動を辞める。現在は、自傷や摂食障害など「生きづら
 さ」をテーマにした小説やエッセイで若者にカリスマ的な人気がある。
 開戦前のイラクや、北朝鮮を何度も訪問。「生き地獄天国」「悪の枢軸
 を訪ねて」「EXIT」「すごい生き方」など著書多数。雇用問題など不安
 定さを強いられた若者(プレカリアート)と連帯し、社会の転換を求め
 る活動にも取り組んでいる。

 ・雨宮処凛公式ホームページ
  http://www3.tokai.or.jp/amamiya/

 ★ 10月27日の公開生放送に参加するには?

  入場は先着制となっております。

   [日時] 2006年10月27日(金)
      Open    18:30~
      On Air   19:00~21:00
  Free Talk 21:00~

  [場所] 渋谷T'sサロン1階
  (http://www.salon.tsstyle.jp/map.html

  [出演者] 雨宮処凛(作家)、月乃光司(「こわれ者の祭典」代表)、
   AKIRA(作家・ミュージシャン・アーティスト)

  [内容] 「生きづらさ」をテーマに会場のみなさん、リスナーのみな
   さんと本音で語り合う一夜。

  [参加費] 2,500円(1ドリンク込み)
  (会場でニート・ひきこもり申告をすると300円割引)

  [定員] 90名(申込不要)

  ※会場にてオールニートニッポンTシャツ販売いたします♪
  (限定30着!!)

 ◆ お問い合わせ

 ○ NPOコトバノアトリエ内、オールニートニッポン事務局

  TEL / FAX :  050-1071-8324
  E-mail    :  ann@kotolier.org
    住所      :  東京都文京区本郷1-14-8 丸山ビル5B
    担当      :  松浦、小穴

―――――

|

« 2006年7~9月の1冊 | トップページ | 2006年・今年の1冊/10~12月の1冊 »